FCシャルケ04の後任監督候補として名前が浮上している、シュテッフェン・バウムガルトル監督は、月曜日には「シャルケとの接触はないよ」とコメント。たがそれと同時に、「話し合いが行われることになるか、それは今後を見守っていこう」と言葉を続けており、その関心を否定することはなかった。

 kickerが得た情報によればブンデス2部SCパダーボルンの指揮官と共に、昨季途中まで同じく2部ダルムシュタットを率いていたディミトリオス・グラモジス氏も、シャルケ首脳陣の候補として挙がっているところ。なおパダーボルンとの契約は今季いっぱいまでで、以前から延長交渉は3月なかばまで行う用意がないことを強調している。