バイヤー・レヴァークーゼンは更なる負傷を明らかにした。今度はデイリー・シンクフラーフェンが練習中に、左大腿筋に筋損傷を抱えたとのこと。これによりおよそ3週間の離脱が見込まれている。なおレヴァークーゼンは今週だけでも、ティモシー・フォス・メンサーが十字靭帯を断裂、さらにフロリアン・ヴィルツがからコロナ感染が確認されたばかりで、レオン・ベイリーは累積警告により出場停止。

 それ以外にもサンチアゴ・アリアス(脛骨の骨折)、ユリアン・バウムガルトリンガー(靭帯断裂)、ラース・ベンダー(半月板の手術)、ルーカス・フラデツキー(アキレス腱の負傷)、パウリーニョ(靭帯断裂)らが、負傷により長期離脱中にあり、最近公式戦9試合でわずか1勝。週末にはCL出場権をかけた重要な一戦、ボルシア・メンヒェングラードバッハ戦を迎えるところだ。