1980年から1990年代初頭にかけて、フォルトゥナ・デュッセルドルフやバイヤー・レヴァークーゼンにて、ブンデスリーガ162試合に出場した経験をもつ、ルドルフ・ヴォイトヴィチ氏が昏睡状態にあることが明らかとなった。

 現在はVfLヴォルフスブルクにてスカウトを務めている64才は、試合観戦へと向かう途中に倒れ、今は昏睡状態にあるという。これはクラブ側から発表されたもので、「我々の想いは貴方と共にある、戦おう、ルディ!」とエールが送られている。