かつて現役時代ではヘルタ、ハンブルク、バイエルン、ヴォルフスブルクなどでブンデス通算238試合に出場して72得点をマーク、2017年夏に1860ミュンヘンにて現役生活にピリオドを打っていた元クロアチア代表FW、イビチャ・オリッチが古巣CSKAモスクワの監督へと就任することが発表された。

 41才となったオリッチ氏はかつて、2003〜2006年まで同クラブにてプレーし、116試合に出場して44得点をマーク。そこでリーグ優勝3回、国内カップ戦と国内スーパーカップを2回制覇、さらにUEFA杯優勝した経験ももつ。なおCSKAは首位ゼニトと勝ち点差8、2位スパルタク・モスクワと勝ち点差4で、勝ち点数では3クラブで並んだ3位につけているところ。