火曜日に行われたアイントラハト・フランクフルトのトレーニングでは、代表参加により13人が不在という中で実施されていたものの、さらに負傷を抱えるエリック・ドゥルムや、アルマミ・トゥーレの姿も見受けられなかった。

 加えてこの日のピッチではアッヘ、ウィレムスと共に、前節に大腿へ裂傷を負った長谷部誠も不在となっていたものの、クラブ側の発表によればいずれも、個人プログラムによって調整を行っていたという。なお同僚の鎌田大地は日本代表へと参加、木曜日には韓国代表とのテストマッチが控えているところだ。