英紙アスレティックによると、RBライプツィヒに所属するイブラヒマ・コナーテは、昨年度プレミア王者FCリヴァプールへの移籍へと迫っているようだ。以前からリヴァプールからの注目を集めていたというフランス人CBは、ライプツィヒと締結中の契約の中に、4000万ユーロによって移籍可能となる例外条項が含まれている。

 なおライプツィヒでは既に、コナーテの相棒であり同国フランス出身の、ダヨ・ウパメカノが来季よりバイエルン・ミュンヘンへと移籍することが確定済みではあるのだが、それに先駆けすでに昨夏の時点でヨシュコ・バルディオル(19)を獲得、今はレンタルで武者修行に出しており、また先日にはストラスブールからモハメド・シマカン(20)を獲得。加えてヴィリ・オルバン(28)との契約延長を目指しているところだ。