代表戦明けとなる週末には、ホームで1.FCケルンを迎え撃つことになる、VfLヴォルフスブルク。しかしながらこの試合では、アドミール・メーメディが負傷により欠場を余儀なくされることが明らかとなった。

 今季ここまでリーグ戦16試合に出場(2アシスト)、最近2試合では先発出場が続いていた同選手だが、今回の代表戦期間にて参加していたスイス代表にて、ふくらはぎの負傷を抱えて戻ってきており、これからさらに精密検査を受けて負傷の度合いが明らかとなる見通し。

 さらにこの試合では同じくスイス出身のレナト・シュテッフェン、さらにはパウロ・オタビオも、こちらは退場処分による出場停止のために、それぞれ今回のケルン戦では不参加ということになる。

 なお今回の試合にあたりヴォルフスブルクでは、アレナにて従事する全ての職員に対して無料でコロナ簡易検査を提供。「これは将来的に観客の再動員を図る際の、パイロット的な試みです」と、クラブ側から発表された。