RBライプツィヒの左サイドバックを務めるアンヘリーノは、大腿筋の負傷のために6週間にも及ぶ離脱をう余儀なくされてきたが、火曜日からはチーム練習の一部へと復帰。しかしながら土曜日のぶrーえめんせんい関しては、まだ時期尚早と言えるだろう。

 なおFWユスフ・ポウルセンについても欠場の可能性があり、土曜日のバイエルン戦にて後半途中から出場したデンマーク代表は、大腿に問題を抱えて再び交代。その後の検査結果で組織の損傷は確認されず、水膨れができており、火曜日は別メニューで調整している。

 一方でマルセル・ハルステンベルクについては、ブレーメン戦では少なくともメンバー入りは果たせるだろう。ドイツ代表で陽性反応が確認されたヨナス・ホフマンの、その濃厚接触者として隔離されていた同選手だが、水曜日から練習復帰を果たす見込みだ。

 なおアンヘリーノ以外にもユリアン・ナーゲルスマン監督は、ノルディ・ムキエレ、さらにはダヨ・ウパメカノも累積警告のために出場停止のため、ハルステンベルクの即座の先発復帰の可能性など、対応を余儀なくされているところだ。