ドイツ杯準々決勝ヤーン・レーゲンスブルク戦にて勝利をおさめ、4月30日にはホームで、RBライプツィヒと準決勝を戦うことになったヴェルダー・ブレーメン。だが週末に行われるブンデスリーガ第28節もまた、対戦相手はRBライプツィヒであり、試合会場はホームのヴェーザー・シュタディオンだ。

 しかしながらフロリアン・コーフェルト監督は、その準決勝への前哨戦という見方を嫌っており、とりわけリーグ戦では最近3試合で敗戦が続いていることから、再び残留争いへの足音も聞こえ「安定した成績をブンデスで残していくためには、どうしても勝ち点が必要。だから明日の試合にとにかく集中して臨む」と意気込みをみせた。

 だがここまでのリーグ戦での流れから不安はないのか?相手は前節でバイエルンと首位攻防戦を演じたばかりの強豪だ。加えて過密日程で臨むこの試合、ドイツ杯準決勝で対戦する相手よりも、翌週の15位1.FSVマインツ戦での勝利を重視するという考えは?「それは誤りだよ」と指揮官。「明日の試合から勝ち点を狙っていく」と言葉を続けている。

 加えてレーゲンスブルク戦でみせたパフォーマンスからも、コーフェルト監督は残留への不安に駆られるようなことはなく、「本当に不安を抱えるときというのは、パフォーマンスがうまくいっていないとき。今はそうではない。ただ警戒を怠るようなことはあってはならないがね」と語った。「ただライプツィヒも今はバイエルンのようなメンタリティをもっており、常に勝利を目指して臨んでくるだろうがね」

ブレーメンの先発予想(13位):パヴレンカ – C.グロース, トプラク, フリードル – ゲブレ・セラシエ, アグー – メーヴァルト – ビッテンコート – 大迫勇也 – サージェント, ラシカ
負傷,etc.:アウグスティンソン (鼠蹊部の問題), M.エッゲシュタイン (出場停止), フュルクルーク (足指の骨折), プログマン (膝蓋腱損傷), ヴォルテマーデ (外側側副靭帯損傷)
ライプツィヒの先発予想(2位):グラーチ – クロスターマン, オルバン, ハルステンベルク – T. アダムス, サビッツァ, カンプル, A.ハイダラ – ダニ・オルモ, エンクンク – フォルスベリ
負傷,etc.:ライマー (復帰途中), ムキエレ (出場停止), ポウルセン (筋肉系の問題), ソボスライ (復帰途中), ウパメカノ (出場停止)