ボルシア・メンヒェングラードバッハの守護神、ヤン・ゾマーが週末に行われたヘルタ・ベルリン戦にて、退場処分を受けた結果2試合の出場停止となることが明らかとなった。

 その試合の前半13分に、突進してきた相手FWジョン・コルドバを倒し、イットリヒ主審から退場を宣告されていたスイス代表GKに対し、ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所では火曜、スポーツマンシップに反する行為との判断を下している。

 これによりゾマーは今週土曜日に行われる注目の一戦、来シーズンより就任が発表されたばかりのアディ・ヒュッター監督率いる、アイントラハト・フランクフルト戦と、さらにはTSGホッフェンハイム戦も欠場。アルミニア・ビーレフェルト戦より復帰を果たせることとなった。