週末に控える1.FCウニオン・ベルリン戦に向け、火曜日から練習を再開したVfBシュトゥットガルトだが、そこには負傷による長期離脱中の選手に加えて、ゴンザロ・カストロとサシャ・カライジッチの姿も見受けられなかった。
 
 カライジッチについては足首に少し問題があったため、ウェイトトレーニングルームにて軽めの調整を行ったとのこと。また筋肉系の問題により、先日の古巣ドルトムント戦を欠場していたカストロは、靭帯結合部の損傷を抱えていたハマディ・アル・ガディウィと共に別メニューをこなしていたが、ただ前者2人については、土曜日の試合では再びオプションとなる見通し。