負傷離脱が続くロベルト・レヴァンドフスキだが引き続き、ブンデスリーガのみならず、ゴールデンシューにおいても首位を独走し続けているところ(35得点)。これを負うのがユベントスのクリスチアーノ・ロナウド(25得点)であり、バルセロナのリオネル・メッシ(23得点)と、馴染みの顔が続く。

 だがそのメッシに先週の時点で並んだ、ロナウドと同じポルドガル代表ダヴィド・シルバ(アイントラハト・フランクフルト)であり、さらにこの中にキリアン・エムバペ(パリSG)と共に、ボルシア・ドルトムントのエルリング・ハーランド(ドルトムント)も加わった。