2026年まで契約を延長したロベルト・マンチーニ監督は、5月28日のサンマリノとのテストマッチに向け、予備メンバーを含む33選手の名前を発表した。その中にはジョルジョ・キエッリーニや、レオナルド・ボヌッチ、マルコ・ヴェッラッティ、チーロ・インモービレなどベテランメンバーに加え、ニコロ・バレッラ、ロレンツォ・ペッレグリーニ、フェデリコ・キエーザといった若手も含まれており、サッスオーロのジャコモ・ラスパドーリが初招集となった。ただし5月29日のチャンピオンズリーグ決勝が控えるジョルジーニョとエメルソンは含まれていない。

 なおブンデスリーガからはSCフライブルク所属のヴィンセンツォ・グリフォが含まれた。これまで5試合に出場し2得点をマークしている同選手は、3月25日に行われたW杯予選の北アイルランド戦にて短時間プレー。クラブででは今季ブンデス30試合に出場して、9得点9アシストをマークしているところ。まずは5月24日から4日間に渡り、サルデーニャ島で準備を進めて、テストマッチ後は3日間休憩。5月31日にアズーリを再編成し、6月1日までにユーロ2020に向けた26名を決定。6月4日のチェコとの最後のテストマッチに臨む。
 
GK:アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)、ジャンルイジ・ドンナルンマ(ACミラン)、アレックス・メレト(ナポリ)、サルヴァトーレ・シリグ(トリノ)

DF:フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)、アレッサンドロ・バストーニ(インテル)、クリスティアーノ・ビラーギ(フィオレンティーナ)、レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)、ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)、ジョバンニ・ディ・ロレンツォ(ナポリ)、アレッサンドロ・フロレンツィ(パリ・サンジェルマン)、マヌエル・ラッツァーリ(ラツィオ)、ジャンルカ・マンチーニ(ローマ)、レオナルド・スピナッツォーラ(ASローマ)、ラファエル・トロイ(アタランタ)。

MF:ニコロ・バレッラ(インテル)、ガエターノ・カストロビリ(フィオレンティーナ)、ブライアン・クリスタンテ(ASローマ)、マヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)、ロレンツォ・ペッレグリーニ(ASローマ)、マッテオ・ペッシーナ(アタランタ)、ステファノ・センシ(インテル)、マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)。

FW:アンドレア・ベロッティ(トリノ)、ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)、フェデリコ・ベルナルデスキ(ユベントス)、フェデリコ・キエーザ(ユベントス)、ヴィンセンツォ・グリフォ(フライブルク)、チーロ・インモービレ(ラツィオ)、ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)、モイーズ・キーン(パリ・サンジェルマン)、マッテオ・ポリターノ(ナポリ)、ジャコモ・ラスパドリ(サッスオーロ)