アイントラハト・フランクフルトではアディ・ヒュッター監督に加えて、アルミン・ロイタースハーン、クリスチャン・パインティンガー両ACも、チームを後にすることが明らかとなった。これはフランクフルトが月曜日に発表したものであり、2023年まで残されていた契約を合意の下で解消。

 なおヒュッター監督の移籍先である、ボルシア・メンヒェングラードバッハのエベールSDは、新指揮官が「2人のACを連れてくる」と述べており、今回の契約解消によってその道が開かれた格好だ。「新任の指揮官が最も親しい仲間を連れてくることは当然のことだよ」

 ロイタースハーン氏は2004〜2009年、2016〜2021年までの合計10年間、フランクフルトにてACを務めており、一方でパインティンガー氏は2018年に、ヒュッター監督と共にヤングボーイズから加入。2019年春にはELインテル戦にて、出場停止となったヒュッター監督の代わりに代行監督を務めていた。