kickerが得た情報によれば1.FCウニオン・ベルリンは、ステファノス・カピーノに対して関心を抱いているようだ。27歳のギリシャ人GKは今冬より、2部降格を喫したブレーメンから半年間2部ザントハウゼンにレンタル移籍。なお2014/15シーズンにマインツにてロリス・カリウスのバックアップを務めており、移籍となればウニオンでのレンタルが終了したそのカリウスの後釜ということになる。

 ブンデス2部から更に、FWセルダー・ドゥルスンにも関心を抱いている模様。SVダルムシュタットにて今シーズン、27得点をマークして得点王にも輝いた29歳のCFに対しては、同じく2部のハンブルガーSVや、FCザンクトパウリなどからの関心も伝えられているところ。なおドイツの大衆紙ビルトでは交渉は大詰めとしてしいるが、kickerによれば関心はあるが何も決まってはいないようだ。