アルミニア・ビーレフェルトの主将を務め、クラブではカルト的な人気を誇るファビアン・クロス。その契約は来月末日をもって満了を迎えることになるのだが、おそらくはもう1年、おそらくはラストイヤーとして、契約を更新する流れにあるようだ。33歳で初めてブンデスの舞台にたったCFは、全34試合に出場して5得点2アシストをマークしている。

 その一方で同じくベテランFW、アンドレアス・フォーグルザマーについても、ビーレフェルト側は延長オファーを提示。ただ2度の中足骨の骨折と、ブンデス残留が不透明であったことから、移籍交渉は横に置かれており、どうやらこちらについては移籍の可能性もあり得ない話ではなくなっている模様。同選手との契約も来月いっぱいまで。