ジネディーヌ・ジダン監督が退任して以降、ここまで空位となっているレアル・マドリードの指揮官の座だが、本日火曜日にカルロ・アンチェロッティ監督が再び就任することが発表された。2024年までとなる3年契約を締結。

 2014年のチャンピオンズリーグ制覇など、2013年から2015年までの間に、レアル・マドリードにて指揮をとっていた同氏は、その後にバイエルン、ナポリを経て、最近ではエヴァートンにて指揮を執るも、国際舞台へと導くことはできなかった。