FCアウグスブルクは、ブンデス3部のSCフェールへ、ルーカス・ペトコフを2021/22シーズンの期限付きにて、武者修行の旅へと送り出すことを決断した。それに先駆けて、20歳のMFとは2024年までの契約を締結している。

 2008年にFCアウグスブルクの門を叩き、これまでブンデス4部相当のセカンドチームにて26試合に出場(5得点)した同選手は、今季最終節のバイエルン戦にてブンデスリーガデビュー。これからは3部にて実践経験を積んでいくことが期待される。