来季よりブンデス2部へと降格するFCシャルケ04は、水曜午後に6人目となる新戦力の補強を発表した。オーストリア1部LASKリンツから右サイドのスペシャリスト、ラインホルト・ランフトルを獲得している。

 シュトゥルム・グラーツ、ウィーン・ノイシュタットを経て、今夏にフランクフルトへと移籍するグラスナー監督の下、LASKでオーストリア代表に選出される(6試合出場)飛躍を遂げた同選手は、今回シャルケと3年契約を締結。

 29歳となったランフトルは昨季、公式戦46試合に出場して9アシスト、4得点をマークしており、3−3と痛み分けに終わったヨーロッパリーグのグループリーグ、トッテナム戦では終了間際の同点弾をアシストする活躍を見せていた。