ブンデス2部SCパダーボルンは、RBライプツィヒからファブリス・ハルトマンを獲得した。元ユース代表FWは2年間の期限付きで加入。ウィングを主戦場とする20歳は、ドイツユース代表にてU15〜19までプレーしており、2018年夏にはELのスウェーデンのBKヘッケン戦にてトップチームデビュー。

 パダーボルンのヴォールゲムートSDは「ファブリスは非常に良い育成を受けてきたが、ただ最近では負傷により長期離脱を余儀なくされた。」と述べ、「馬は復調を果たしており、ライプツィヒと共により高いレベルでプレーできる新天地を模索していたところ。そして彼のスピードとテクニックは、我々にマッチしていると思う」と語っている。