サポーターたちからの激しい抗議にもかかわらず、プレミアリーグのエヴァートンFCではどうやら、間も無くしてラファエル・ベニテス監督が今週中にも、就任する運びとなっているようだ。

 2004年から2010年までエヴァートンの都市部のライバル関係にあたる、リヴァプールFCの監督を務めていた61歳のスペイン人は、このたびそのエヴァートンと3年契約を締結する模様。

 先日にレアル・マドリードへの復帰が発表されたカルロ・アンチェロッティ監督の後任として、同クラブへと就任することになるベニテス氏に対しては、ここのところはニューカッスル・ユナイテッドや、中国の大連一方などで監督を務めていた。