VfLヴォルフスブルクとの契約を2023年まで残しているものの、ワウト・ウェクホルストはこの夏の移籍市場での動向が注目される選手の1人だ。果たしてオランダ人センターフォワードは、このままヴォルフスブルクにてプレーしていくのか。それともプレミアでのプレーという自身の夢を叶えることになるのか。

 確かに現在の時点においては、まだ特に問い合わせは届いてはいないことは、クラブ首脳陣も認めるところだ。それでもこれまでブンデス100試合に出場して53得点をマークしてきた同選手の状況が、急展開を見せる可能性があることも理解しており、「すべてがマッチしたオファーがあれば、この状況も変化することになるだろう」と、イェルグ・シュマッケ取締役は語った。