ブンデス2部降格を喫したヴェルダー・ブレーメンにとって、コロナパンデミックが吹き荒れることも合間って、その財務状況からは選手の売却に迫られているところではあるのだが、ただそれでも適切なオファーが届かない以上は、最終的にそのまま該当選手が残留する可能性も否定することはできない。
 
 そこで現在ヴェルダー・ブレーメンでは、ジリ・パヴレンカとの契約の更新についても交渉を行なっているところであり、これからさらに話し合いは本格化していくことになる模様。ただパヴレンカは背中に問題を抱えているため、開幕戦では欠場する可能性がある。