今週の土曜日から、サシャ・カライジッチは再び、VfBシュトゥットガルトにて、新シーズンに向けた練習を再会することになる。しかしながら果たしてこのまま、同選手が新シーズンも引き続き、ここシュトゥットガルトにてプレーしていくかどうかという疑問については、まだ答えは導き出されてはいない。

 24歳のオーストリア人FWについては、少なく見積もっても2500万ユーロと言われる移籍金額が指摘されており、ブンデスリーガ内でそれに応えられるックラブは一握りだ。

 昨季にブレイクを果たしたことにより、ドイツ国内外からの注目を集めてきた同選手の判断について、ミスリンタトSDは「期限を設けるつもりはないし、そうしても仕方がない」と強調。「そのあとで巨額のオファーが来たなら、自分が悪者になってしまうだけだ」と言葉を続けた。