もはやそれは遂にカウントダウンへと入った。オリヴィエ・ジルーはプレミアリーグのFCチェルシーから、セリエAのACミランへと移籍することになる。2018年W杯優勝戦士は、メディカルチェックをクリアするため、既にファッション・アートの街の街ミラノへと滞在。

 伝えられるところによれば34歳のフランス人ストライカーは、ACミランと2年契約を結ぶ見通しだという。なおチェルシーとの契約をあと1年残していたベテランFWの移籍金額は、およそ100万ユーロと見積もられており、成果に応じてさらに最大100万ユーロ追加する仕組みとなっているようだ。