土曜日に行われたヘルタ・ベルリンとブンデス2部ザンクトパウリとのテストマッチでは、マッチレポートの中に「ジョン・コルドバ」の名前が見当たらないことが目についた。28歳のコロンビア人FWに対しては、複数のメディアがロシアのクラスノダール移籍が確実視されているところ。
 
 エスパニョール・バルセロナ、グラナダを経て、2015年にマインツへと加入した同選手は、これまでケルン、ヘルタでブンデス1部通算119試合に出場し30得点。ブンデス2部では31試合に出場して20得点。またラ・リーガでは54試合に出場して8得点をマークしている。