TSGホッフェンハイムは新シーズンに向けて、ロッタッハ=エガーンでのトレーニングキャンプで準備を進めていく、セバスチャン・ヘーネス監督。負傷を抱えていたヒュブナー、ビチャクチッチ、ガイガー、スタフィリディスらは、少なくともこの中での復帰が見こまえているところであり、さらに今回はハイダー、ケーニヒ、リュート、アッスラニ、バイヤー、ビショフら若手選手も多く参加するところ。

 またオーストリア代表としてユーロで活躍をみせた、フロリアン・グリリッチュとクリストフ・バウムガルトナー、シュテファン・ポシュについては夕方にも到着。月曜日より合流する予定だ。またクリアチア代表クラマリッチ、チェコ代表カデラベク、デンマーク代表スコフらは、コロナ感染から回復したサマッセクと共に今週以降に合流予定。

 さらに恥骨の問題でシーズン最後の4試合を欠場していた、オリヴァー・バウマンについては水曜日には、ロッタッハ=エガーンに到着する予定。なおジョシュア・ブレネットの姿もまだ見受けられていないが、ただこちらについては新天地を模索する中で、どうやらその糸口を見出したための不在ということのようだ。