この夏にセンターバックの補強を目指しているバイヤー・レヴァークーゼンでは、SCフライブルク所属のニコ・シュロッターベックと共に、スコットランド1部セルティック・グラスゴーのクリストフェル・アイエルをリストアップしていたものの、、共に売却金額としてはレヴァークーゼンとしては未知の1500万ユーロが取り沙汰されていた。

 確かにレヴァークーゼンはノルウェー代表として23試合の出場経験をもち、チャンピオンズリーグでは予選を含めて32試合に出場するなど、国際経験をもつ23歳とはすでに移籍で合意していたものの、どうやらその行き先はレヴァークーゼンではなく、同じく関心が寄せられていたプレミアリーグのうち、今回昇格したブレントフォードへと向かうことになるようだ。