8月13日の金曜午後20時30分(日本時間27時半)より、2021/22シーズンのブンデスリーガは、ボルシア・メンヒェングラッドバッハとバイエルン・ミュンヘンとの一戦によって幕を開けることになるのだが。しかしながら目標としていた25000人の観客動員は、ボルシア・パークにおいて実現することはできない。主催者であるグラードバッハ側が月曜日に発表したように、このこの伝統の一戦は23000人の観客の前で行われることになる。

 なぜ2000人の観客を動員できなくなってしまったのか?その理由は至ってシンプルなものだ。「ボルシアド・パークの座席は、モザイク状にしか観客を動員することができないため、25000人を動員することが実質的に不可能なのです」と、クラブ側は説明。またグラードバッハは、改めて「全てのチケットは個人向け」に販売されるものであり、「ワクチンを接種、もしくはコロナ感染から回復し、または検査を受けた観客のみ」がスタジアムへと入場できると強調。「マスク装着も義務です」とも付け加えられた。