オリヴァー・バティスタ・マイアー(20)は現在、バイエルン・ミュンヘンにおいて行き詰まりを実感させられている。およそ10名の若手選手たちとは対照的に、現在はユリアン・ナーゲルスマン監督の下から離れ、ブンデス4部相当に属するセカンドチームでプレーをしているところだ。

 バティスタ・マイアーには先日、ブンデス2部ヤーン・レーゲンスブルクへの移籍の可能性があったものの破談、急遽代理人の変更も行なっている。新天地を模索していくという考えには特に変化はなく、一方でバイエルン側もそれに障害を設けるようなことはないだろう。