この夏にマルコ・フリードルが、ブンデス2部降格を喫したヴェルダー・ブレーメンを後にし、新天地へと渡ってしまう可能性があるのだろうか?kickerが得た情報によれば、現在はセリエAのクラブ、そしてブンデスリーガのクラブとの間で、具体的な交渉が行われている模様。ただしフリードルはブレーメン残留を希望しているようで、即座に結論が見出されるようなことはなさそうだ。

 2008年よりバイエルン・ミュンヘンに加入し、そこでプロへの階段を上っていった左利きのディフェンダーは、2018年冬にブレーメンへと加入して以降、ここまでブンデス通算75試合に出場して1得点、ドイツ杯では7試合に出場して1得点をマーク。さらに2019/20シーズンでは入れ替え戦2試合にも出場している。