今季よりブンデス2部降格を喫したFCシャルケ04では、さらなる高級取りの放出に成功することになりそうだ。フランスのレ・キップ紙が報じた情報によれば、アミーヌ・アリがリーグ・アン、オリンピック・マルセイユへの移籍に迫っているという。すでにクラブ間においては、買い取りオプションなしのレンタル移籍にて合意へと達しており、フランス入りもしている模様。

  2017年加入初年度では納得のパフォーマンスをみせるも、2年目は規律問題や不振など多くの問題に揺れた同選手だったが、一昨季の前半戦では大きく飛躍。その結果2024年までの契約延長を締結したものの、その後はチームと共に大失速となり、昨季は遂にブンデス2部へと降格。それまで24歳のモロッコ代表MFは、ブンデス1部通算では119試合に出場、13得点をマークしていた。