バイエルン・ミュンヘンとボルシア・メンヒェングラードバッハ。シーズンが明けた7月のおわりにテストマッチで戦い、そして8月なかばのブンデスリーガ開幕戦にて再び顔を合わせた両者が、今度は10月終わりにも三度、ドイツ杯2回戦の舞台で合間見えることが明らかとなった。これは日曜日に行われた組み合わせ抽選会の結果によるものであり、ちなみにドイツ杯においてグラードバッハはバイエルンと7度対戦。これまで1度も勝利をおさめたことがない。

 一方で前回バイエルンがここ2回戦で2部キールに敗れた波乱もあった前回のドイツ杯を、見事優勝で飾ったボルシア・ドルトムントは2回戦では2部昇格組FCインゴルシュタットと対戦。そのほかレヴァークーゼン(vsカールスルーエ)、ホッフェンハイム(vsキール)についても、2部との対戦ということになった。

 またブンデスリーガ同士の顔合わせとなったのが、浅野琢磨所属のVfLボーフムvsFCアウグスブルク、そして奥川雅也所属のアルミニア・ビーれフェルトvs1.FSVマインツ05戦、そして遠藤航・伊藤洋輝所属のVfBシュトゥットガルトvs1.FCケルン戦であり、逆に2部同士の対戦となったのが田中碧・アペルカンプ真大所属のデュッセルドルフvs室屋成所属のハノーファーはじめ、ドレスデンvsザンクトパウリ、レーゲンスブルクvsロストック、ニュルンベルクvsハンブルク。

 板倉滉が加入した2部FCシャルケ04は3部1860ミュンヘンと、ヴォルフスブルクの交代ミスで勝ち抜けとなった3部ミュンスターはヘルタ・ベルリンと対戦。4部のバベルスベルクは昨季ファイナリストのライプツィヒと、フランクフルトを破った3部マンハイムは原口元気・遠藤渓太所属の1.FCウニオン・ベルリン、同じく3部オスナブリュックはSCフライブルクとの対戦となった。
 
 なおドイツ杯2回戦は10月26日(火)と27日(水)に分けて開催。詳しい日程などは、近日中に発表がなされる。