先日にはガゼッタ・デロ・セラ紙より、イタリア・セリエAのエラス・ヴェローナFCからの関心が伝えられていたフランク・リベリだが、週末にはガゼッタ・デロ・スポルトが、そのセリエAの昇格組USサレルニターナからの関心を報道。

 この夏をもって2年間を過ごしACフィオレンティーナを契約満了で退団していた38歳の元フランス代表とは、その時点で既に交渉にむけ接触しているとも伝えられていたが、月曜にはナポリへと飛びメディカルチェックを受けたようだ。

 以前にも現役続行とセリエA残留への希望を明らかにしていたフランク・リベリ。今回の新天地となるセリエAの昇格組USサレルニターナはここまで、リーグ戦2試合を消化して連敗スタートをなっているところ。