ドイツ代表ハンジ・フリック監督は、ワールドカップ予選アイスランド戦に向けて、カイ・ハヴェルツとロビン・ゴセンスが再びオプションになると考えている。両選手は日曜日に行われたアルメニア代表戦では欠場を余儀なくされており、ハヴェルツについては風邪、そしてゴセンスについては左足の関節胞への損傷が伝えられていた。

 しかしながらフリック監督によれば、ハヴェルツは既にエアロバイクでのトレーニングセッションを完了することができており、またゴセンスについても患部にはだいぶ回復がみられ「すでにピッチに立っていたよ。月曜日の練習に注目している。それで最終的な判断をくだすことになる」と説明。なお開催地レイキャビクにはドイツ代表は、火曜午後にシュトゥットガルトから出発する予定だ。