板倉滉が所属するブンデス2部FCシャルケ04ではどうやら、セルジ・エンリクの獲得を目指しているようだ。これはドイツの大衆紙ビルトが報じたものであり、31歳のストライカーは今夏に、スペイン2部エイバルとの契約が満了となったため、フリーということから移籍市場閉幕後も獲得可能という状況にある。

 セルジ・エンリクは2015年からエイバルでプレーし、リーガ・エスパニョーラでは通算193試合に出場、34得点をマークしており、この夏では乾貴士、ドミトロヴィッチ、パウロ・オリヴェイラ、ホセ・アンヘル、パぺ・ディオプ、ペドロ・レオンらと共に退団。一方でシャルケでは移籍市場最終日に、FWホッペが久保建英所属のマジョルカへと渡ったばかりだ。