バイエルン・ミュンヘンのハサン・サリハミジッチSDは、契約最終年度へと入っている主力MF、レオン・ゴレツカとの契約延長に向けて、近日中の成立へ「前向き」にみていることを明らかにした。

 「彼は非常に重要な選手なんだ」と強調した、TV局スカイに対して語った同SDは、「我々は非常に良い話し合いを行えている」ことを認める発言を行なっており、仮に成立となった場合にはジョシュア・キミヒに続き、バイエルンは中盤の主力との延長成功ということになる。

 2018年にシャルケからバイエルンへと加入した同選手は、これまでブンデス通算82試合に出場して14得点、CL通算21試合で3得点、ドイツ杯では10試合に出場して2得点をマーク。ドイツ代表としては38試合に出場し、14得点を記録している。