スペインのサッカースタジアムが、再びフル稼働することになる・・・。スペイン保健省は1年半ぶりにゴーサインを出しており、これによりアトレチコ・マドリーとFCバルセロナによる、注目の一戦に向けて準備は万全となった。

 スペインでは7月の7日間指数(人口10万人当たりの直近7日間の新規感染者数)が27.5と、現在のドイツよりも良好な状況に置かれており、すでに国民の78%がワクチンを接種。こういった背景から、スペインの保健省はゴーサインを出しており、ちなみに最近では、60%までの観客動員が認められていた。