明日の土曜日に控えるFCアウグスブルク戦においても、ボルシア・ドルトムントはエルリング・ハーランド不在で試合へと臨むことになる。これはマルコ・ローゼ監督が明らかにしたもので、ここのところは筋肉系の問題を抱えるノルウェー代表FWが「トライはしてみたのだが、まだ痛みが強すぎるようだ」とコメント。
 
 さらに前回の代表戦期間中に、米国代表参加中に負傷を抱えたジョヴァンニ・レイナについても引き続き様子見となっているが、ただ今季ここまでフライブルク戦での短時間の出場となっているエムレ・ジャンについては、「明日は参加しているはずだ」との見通しを明らかにした。