既にボルシア・ドルトムントでは、エルリング・ハーランドが今回の代表戦期間では、ノルウェー代表へと参加しないことを明らかにしていたが、さらに選手本人も改めて今回の決断について説明を行なっている。

 月曜午後にTwitterにて、同選手は「みんな、まだ代表への準備ができていないことについて、申し訳なく思っている。とにかくノルウェーの幸運を願っているよ」と投稿。

 ノルウェー代表では最後まで、ハーランドの参加への希望を失っていなかったのだが、これで不参加が明白に。さらにノルウェー代表でのメディカルチェックも行われないようだ。

 ドルトムントのケール有資格部門担当は「プレーどころか、練習もできない状況だ」と、日曜日にkickerに対して明かしており、このまま残って代表戦明けのマインツ戦から「ピッチに戻っていることを強く期待している」と語っていた。