ESM(ヨーロピアン・スポーツ・メディア)が選出する、9月の欧州ベストイレブンが発表され、好調なシーズンを続けるロベルト・レヴァンドフスキが、13票中9票を集める最多票獲得で選出された。

 なおそのレヴァンドフスキが所属するバイエルンから更に、マヌエル・ノイアー、アルフォンソ・デイヴィース、そしてジョシュア・キミヒが選出。さらにブンデスからはボルシア・ドルトムントの、エルリング・ハーランドも選出されている。

 ちなみに元ドルトムントという点では、アクラフ・ハキミが選出。なおプレミアリーグからはモハメド・サラー(リヴァプール)とルーベン・ディアス(マンチェスター・シティ)が選出された。

【9月】

マヌエル・ノイアー(バイエルン、3票)
ルーベン・ディアス(マンチェスターC、5票)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ、8票)
アルフォンソ・デイヴィース(バイエルン、4票)
アクラフ・ハキミ(インテル、8票)
ジョシュア・キミヒ(バイエルン、8票)
ニコロ・バレッラ(インテル、4票)
イドリッサ・ゲイェ(パリSG、4票)
モハメド・サラー(リヴァプール、7票)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン、9票)
エルリング・ハーランド(ドルトムント、6票)