監督デビューを目前に控え、ヌリ・シャヒンが現役引退を宣言した。33歳の元トルコ代表MFはスペインのASに対し、選手兼監督としてではなく、あくまで監督業に専念することを明らかにしている。

 「僕はもう選手ではないよ」とコメント。先日に監督就任にあたって、所属するアンタルヤスポルのチェティン会長からは、あくまで選手生活を続けるかどうかは本人の判断に委ねる考えを示していた。

 現役時代ではボルシア・ドルトムントにてブンデス、ドイツ杯と国内二冠を達成し、翌年にはレアル・マドリードにてチャンピオンズリーグ優勝も経験したシャヒンは、2020年にヴェルダー・ブレーメンを退団。戦いの舞台をトルコ・アンタルヤスポルへと移していた。