ここまでユベントス・トリノにて100分強の出場のみにとどまっている、アーロン・ラムジー。果たして今冬にもイタリアを後にし、再び戦いの舞台を英国へと移すことになるのか?30歳のウェールズ人MFに対しては現在、エヴァートンFCとニューカッスル・ユナイテッドが興味をもっていると言われているところだ。

2011年より8年間にわたってプレーしたFCアーセナルでは、公式戦のべ286試合に出場し53得点をマークした同選手は、2019年よりユベントスにてプレー。移籍初年度ではセリエA優勝を果たしており、ここまで公式戦64試合に出場(6得点)。またウェールズ代表としては69試合に出場して18得点を記録している。