ドイツ代表は日曜に控えるアルメニア代表戦にて、レオン・ゴレツカが欠場することを明らかにした。同選手は首を蹴られており「プレーできるような状態にはない」という。

 またマヌエル・ノイアー、マルコ・ロイスは負担を考慮して。さらに出場停止のアントニオ・リュディガーも遠征に帯同しないとのこと。また筋肉系の問題でリヒテンシュタイン戦での参加を見合わせていた、ユリアン・ドラクスラーも引き続き参加しないことも明かされた。

 なおドイツ代表は土曜日までヴォルフスブルクにて最終調整を行い、そして午後にはアルメニアへと向かう予定。ちなみにリヒテンシュタイン戦での大勝劇以前に、ドイツ代表はすでにカタールにて開催される。