ドイツ代表はFIFAランキングトップ10圏内へ、あと一歩のところにまで迫っている。そしてそれは来年冬に開催されるカタールW杯の抽選にも影響を与える可能性があるものだ。

 ハンジ・フリック監督率いるドイツはリヒテンシュタイン、アルメニアにも勝利を収め、その結果ランキングを12位から1つ上に上げ、、11位へと浮上。

 なお首位はベルギー代表で、2位にはブラジル代表、3位フランス代表、4位イングランド代表、5位、アルゼンチン代表、6位イタリア代表、7位スペイン代表、8位ポルトガル代表、9位デンマーク代表、そして10位はドイツ代表と7ポイント差でオランダとなっている。12位は米国。