コロナ感染が多く確認されたことを受けて、イタリア2部セリエBは今月末開催予定となっていた第19節の延期を発表した。こえは政府とクラブによる話し合いの後に発表されたものであり、これによりリーグ戦の再開は、来年の1月15日まで待たなくてはならない。なお2月の第一週に2試合を開催するとのこと。

 リーグのマルロ・バラタ会長はスカイ・スポーツに対して、「残念ながらオミクロン株など新型コロナウィルスによる影響を、複数のクラブが被ってしまった」と説明。なおセリエBの中には、レジェンドゴールキーパーのジャンルイジ・ブッフォンが在籍するパルマFCも属しているところ。