スペインのムンド・デポルティーボが報じた情報によれば、今夏にFCバルセロナへと加入したばかりのルーク・デ・ヨングが、早くも半年でチームを後にすることになるという。本来ならば、今シーズンいっぱいまでの期限付きにて、FCセビージャから加入していたオランダ代表FW。

 しかしながらすでに、同国出身のクーマン監督が解任。シャビ新監督が就任しており、すでにバルセロナとセビージャが、FCカディスへの移籍で3クラブとの合意に至っているという。ただ選手本人だけがまだ同意していないようだ。