1.FCウニオン・ベルリンのタイウォ・アウォニイと、ブンデス2部SCパダーボルンのジャミル・コリンズが、アフリカカップ参加のためにしばらくの間、戦列からの離脱を余儀なくされることが明らかとなった。

 今季ここまでブンデス1部17試合に出場して9得点を挙げる活躍をみせていたアウォニイについて、すでにウニオンのフィッシャー監督はドイツの大衆紙ビルトに「決して恨むようなことはしないが、だがオプションとしては考えられないだろうね」と吐露。
 
 そしてその予想通りに今年10月にA代表デビューを果たしていたナイジェリア代表に、SCパダーボルンのジャミル・コリンズと共に召集を受けている。なお今回のアフリカ杯は本来、1年前に開催予定だったもののコロナ禍の影響で延期。なおナイジェリア代表はGLにてエジプト、スーダン、ギニアビサウと対戦する。