トゥットスポルトやカルチョメルカートなどが報じた情報によると、アンドニオ・リュディガー、アンドレアス・クリステンセン、チアゴ・シウバ、セサル・アスピリクエタが契約最終年度にあるFCチェルシーでは、現在テオ・エルナンデスに関心を示しているようだ。

 しかしながら2019年夏に獲得して以降、リーグ戦81試合に出場してきた24歳のフランス代表ディフェンダーとの契約について、所属するACミラン側は、むしろ2026年まで延長することを希望しているようだ。今季同選手はここまでリーグ戦15試合、CL5試合に出場している。