マティアス・ギンターに続きデニス・ザカリアも、来夏をもってボルシア・メンヒェングラードバッハを後にすることが明らかとなった。5年間過ごしたクラブを後にしたい意向が、スイス代表MFよりクラブ側へと伝えられたという。

 エベールSDは水曜日に、「来季の計画を立てられる選手と、そうではない選手、そうしてどういった立場で後半戦に臨むかが見えてきた」と述べ、「それは我々にとって重要なことだった」と強調した。

 ただし同選手はこの日の練習にキーナン・ベネッツと共に姿を見せておらず、2人ともコロナ検査の結果で陽性反応が確認されたとのこと。いずれにしてもこの1年不振に苦しんできたボルシア・メンヒェングラードバッハは、長年に渡り守備と中盤を支えてきた2人の主力を失うということになる。

 ドイツ代表のマティアス・ギンターは、ザカリアとは異なり自らのインスタグラムにて、この夏をもってグラードバッハから退団する意思を明らかにしている。